ProJect Mr.7のBlog

個人で同人ゲームを製作している「Mr.7」のブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

今後の更新は、ブログからHPの日記に変更します。

0
     今まで、このブログの書き込みで、近況報告などをしておりましたが、今後はHPの日記コーナーの方で、書き込みをしていく方式に変更させていただきます。

    念のため、HPのURLはこちらです。
    http://mrnana-hc.sunnyday.jp/index.html

    よろしくお願いします。
    一般情報 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

    Ver.2.0のちょっとエッチなシーンのイメージ その1

    0
       Ver.2.0用の千春ちゃんと菊○くんの製作が、それなりに出来てきたので、登場イベントシーンをテスト製作してみました。



      ちょっと大胆な千春ちゃんが、スカートをめくって……




      菊○くんが喜びます。


      こんな感じで、菊○くんを登場させていきたいなぁと思ってます。
      まぁ、このテストイメージシーンだと、菊○くんの表示が小さいですが、他のシーンとかではもっと大きく表示して、自己主張してもらうつもりです。

      個人的にはVer1.0になかったノリが加わって、ゲーム全体のイメージが変わって、少し良くなるかなと思います。
      一般情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

      やっぱり、この人が必要ですね!

      0
         前に書きました「ハートキャッチに欠かせない人物」の製作がある程度終わりましたので、ブログにアップします。
        ズバリ、この人です。



        菊○くんです!

        千春ちゃんの時と違い、画像自体には満足してますが、どうですかねぇ?

        やっぱり、この人がまったく登場しないことが、「ハートキャッチらしさ」が感じられない最大の要因と思った次第です。そのようなご指摘もいただきましたし。
        願わくは、この人のパワーでゲームイメージをガラリと変えてもらいたいところです。

        しかし、ゲームでは「ゲームプレイヤー = 菊○くん」という形ではありません。これは「菊○くんだったら、こんな台詞を言わない」というものが多すぎるのが原因で、シリアスなシーンでは違和感がありまくるからです。
        菊○くん=ゲームプレイヤーにしてしまうと、ストーリーが破綻してしまうんです。

        なので、菊○くんには、ゲームのストーリー本編上の登場人物ではなく、ゲームプレイヤーの頭の中にだけにいるアドバイザー的な存在で登場してもらいます。 「別人格」というか「妖精のような存在」みたいなイメージですね。
        ゲームプレイヤーが見たものや触ったものは、菊○くんもその感覚もリアルに感じられるので、彼は親身になってアドバイスをくれるという設定です。

        まぁ、実際の登場シーンは、これからコツコツと作っていかなきゃいけないので、どんな感じになるかは、これからの製作次第なので、がんばって作っていきたいところです。


        一般情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

        結局、直しました。

        0
           千春ちゃんですけど、時間の掛けすぎはよろしくないので、手直しするのはやめるつもりだったんですが、やっぱり気になってしょうがないので、修正してしまいました。
          完全に満足がいく形になった訳ではないのですが、今度こそ決定にしようと思います。
          一応、こんな感じになりました。



          髪の色が濃すぎたので、色を淡く変更。肌の色も変更しましたし、目も変更してます。

          あと、正面から見た姿として、こんな感じのものを作りました。



          とりあえず、こんな感じですかね。
          一応、千春ちゃんの製作以外にも、ちょくちょく作ってますので、早くブログに上げられるくらいにしないとなぁと思う今日この頃です。

          一般情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

          他のキャラが先に出来ちゃいました

          0
            以前に「ゲストキャラ」と「ハートキャッチに欠かせない人物」を製作していることを書きましたが、その二人とは違うキャラが先に出来てしまいました。

            出来たのは、この人です!

             千春ちゃん

            「千春ちゃん」です(のつもりです)。
            どうですかねぇ? 変でしょうか?
            何か、何回描いてみても似なかったので、軽くむきになっている内に、こちらが先に出来てしまった感じです。
            しかし、若干納得がいかないんですよね。いまいちです。
            ただ、この人のゲーム中の登場シーンは少なく、本当に脇役扱いになってしまう予定なので、もうこれで完成にする予定です。
            まぁ、正面向きの姿は、別に作る予定ですし、顔と体の肌の色が合っていなかったりするので、やるべきことはまだあるのですが。

            千春ちゃんの登場に関しては、正直なところ、Ver.1.0の段階では「ハートキャッチらしさ」を出すのに、主役の存在感だけに頼りすぎていたことを反省して、彼女の力もお借りしたいというところから、登場に至りました。
            何とかゲームのイメージを変えてくれるキャラになってもらいたいところです。
            一般情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

            もうコミケから1ヶ月かぁ〜。

            0
               気がつけば、コミケから約1ヶ月が経ちました。
              なぜか、どっちかというと「まだ一ヶ月しか経っていない」という思いがあります。
              なんでだろう?って考えてみると、この1ヶ月、Ver.2.0に向けたパワーアップの項目をたくさん考えていたからかも知れません。
              ただ、それでもまだ、目に見える形でのバージョンアップは、ほとんどないんですけどね。プランがやっとまとまったって所でしょうか。

              そんな状態なので、HPにも、このブログにも目新しい情報が載せられないのですが、ブログすら更新しないと「製作をやめたのか?」と疑われてしまうので、ちょっとずつ何かを書いていきたいと思います。

              さて、以前のブログで、「ゲストキャラ」について書きました。
              こちらは、イラストが完成段階になったら、このブログに載せる予定は変わっていないのですが、まだ未完成状態です。
              ただ、それとは別に、もう一人「ハートキャッチに欠かせない人物」に登場してもらうように、いろいろと製作を始めてます。 この人物が、ゲーム内でイキイキと動いてくれれば、ゲームの印象もかなり違う形になると思うので、がんばりたいところです。
              この人物のイラストも、完成状態になったらブログで紹介したいです。
              どうやら、「ゲストキャラ」より、こちらの人物の方が早くご紹介できる気がします。

              ではでは、出来ましたら改めて。

              一般情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

              「少年誌レベル」と「アダルトオンリー」

              0
                今の時点で悩む様なことではないのですが、 いわゆる性的な描写を含む作品を作っていると、アダルトとかの判定基準が気になるものです。
                一体どこからが「18歳未満禁止」なのでしょうか?
                まぁ。行為そのものはもちろんの事、モザイクが入るものはダメというのは、何となく分かります。
                では、おっぱいのお触りFlashは、年齢制限なくOKなのだろうか? 少年漫画でも「おっぱいを揉むシーン」っていうのは、よくあるので問題ないのであろうか? どんなHな触り方でもOKなのだろうか? いや、これは「15歳未満禁止」なのだろうか? 

                う〜ん、なんか難しいです。

                最近の少年誌やテレビのエッチな描写は、昔よりもおとなしくなっています。 まぁ、青少年がなんたらかんたらの法律とか運動がありましたもんね。
                でも、青年向けの漫画とかを見ると、昔よりも描写が過激になっていると思います。
                局部の描写などは「これってモザイクの意味あるの?」「形が丸分かりじゃん」と思うものが見受けられます。
                何か不思議なバランスだなぁと思ってしまいます。
                一般情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                HPも直さないといけないなぁ

                0
                   そう言えば、HPも全然手を加えておらず、コミケ用のアナウンスを表示したままになっている……。 直さないといけないんですが、ついつい忘れてしまい、他の作業をしてしまいます…。

                  ゲームの方は、変更を加えたストーリー構成が、何となく頭の中で固まったので、後は形にしていこうと思ってます。
                  今回のVer. 2.0では、Ver. 1.0時点で、ほんのちょっとだけ出演してもらっていたゲストキャラさんを、ストーリーに大きく関係する形で出演してもらうように変更しています。 ゲストキャラさんは、Ver. 2.0用のイラストとかが出来たら、このブログにでもアップしたいなぁと思う今日この頃です。
                  一般情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                  既存のものも改良だ その1

                  0
                     とりあえず、体験版にも含まれている「スカートめくり」のシーンに関しては、めくっている際の迫力に欠けている気がするので、変更を加えることにしました。
                    いい感じになればいいんですけどね。


                    一般情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

                    大失敗でした!

                    0
                       コミケの件ですけど、イヤ〜、大失敗でした!

                      一応、状況を書きますと、まずは「一人だけジャンルが違うぞ」という事がありました。
                      コミケ当日に、自分に与えられたスペースに座ると…、あれれ? 周りは少女漫画系のような画風の同人誌を売る女性ばかり……、私だけ浮いてます…。
                      今回は「FC(少年)」とかいうジャンルで申し込んだので、サークルもお客さんも男性が多いと思っていたのですが、全然違いました……。
                      そんな場所なんで、ハートキャッチを知っている世代の男性は、めったに通りません。
                      これじゃあ宣伝にもなりません。

                      それと、申し込んでから知ったのですが、コミケは3日目が男性向けの作品が大集合する日だそうです。そんなことは知らない私は、1日目で出てしまいました。
                      これも大失敗でしょう。

                      ただ、失敗の原因はそれだけではないでしょう。
                      自分のものが見向きもされなかったのは、ズバリ魅力がなかったからです。
                      このことについて、コミケが終わってから真正面に向き合い、考え直してみました。
                      正直、コミケから帰る際には、「もうこのゲームを作るのは中止しよう」と考えていたのですが、まだ納得がいく形になっていないのに、途中でやめるのはダメだ!と考え直しました。
                      今後は、「どうすればエッチな内容になるか」「どうすれば面白い話になるか」を意識してパワーアップを目指します。
                      「新しいシーンの追加」「既存シーンの改良」「ストーリーの追加・変更」が、やるべきことと思ってます。

                      完成目標と発表場所については、今までは「冬のコミケでVer. 2.0」としていましたが、今回のコミケ参加で「コミケ」というステージは、私にとっては最良の場所ではないと感じましたので、とりあえず冬のコミケは参加しません。
                      なので、「半年後位にダウンロード販売・通信販売開始」を目標に頑張ってみようと思います。
                      ご興味を持って頂いている方が、それまでお待ちいただけたら、すごく幸せです。

                      本当にエッチで面白くなるかはわかりませんが、頑張ります!
                      一般情報 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -